お料理のときに、お食事のときに、ちょっと使える豆知識 ~カロリー編~

さて、お料理のときに、お食事のときに気になることといえば、

やっぱりカロリーですよね。

010961

栄養素でカロリーが発生するものは

いわゆる三大栄養素と言われるものです。

糖質脂質タンパク質です。

エネルギーとして使われる順番は、①糖質②脂質③タンパク質となります。

エネルギーになる仕組みを簡単にご説明しますと、

体内で酵素の力で水と二酸化炭素に変化し、

その際に燃焼が起こり、エネルギーとなるのです。

これに食品の消化吸収率を考慮して算出したものを

アトウォーター係数といいます。

このアトウォーター係数によると

糖質は 1gあたり 4kcal

脂質は 1gあたり 9kcal

タンパク質 1gあたり 4kcal となります。

ちなみに、1kcalとは1kgの水を1気圧のもとで1℃高めるために

必要なエネルギーのことです。

最近、ちょっと太ってきちゃったなーと思ったら、

コーヒーに入れるお砂糖をスプーン1杯(5gとします)減らすだけでも、20kcalも違いますし、

油を大さじ1杯から小さじ1杯に替えるだけでも、12gから4gに変わりますので、

なんと72kcalも違ってくるんです!

お料理やお食事のときのちょっとした工夫でカロリーダウンできるので、

トライしてみてくださいネ。

原因不明の病 乳幼児突然死症候群 ~それでも出来る限りのことはしよう~

illust991_thumb

0歳児の死因は、

先天奇形・変形および染色体異常周産期に特異的な呼吸障害等

乳幼児突然死症候群

という順になっています。

この3位に入っている乳幼児突然死症候群(SIDS)が今、

問題になっています。

SIDSとは原因不明の乳幼児の突然死のことを言います。

原因不明なので、決定的な予防法などはありませんが、

危険因子として考えられていることはあります。

うつぶせ寝柔らかい寝具過剰な暖房衣服の着せすぎ両親の喫煙習慣非母乳育児

などが考えられています。

0歳児保育では、硬いベッドで仰向けで寝せてあげてくださいね。

 

ママ

母乳ママはビタミンKを意識して摂ろう ~母乳にも足りない栄養素アリ~

とってもバランスのよい母乳ですが、不足している栄養素もあるんです。

その1つにビタミンKフィロキノンメナキノン)という脂溶性ビタミンがあります。

欠乏すると、出血した際に血液凝固が遅れる肝臓機能障害などが起こるおそれがあります。

また、赤ちゃんの場合は、生児メレナという血液凝固が十分に行われないために

消化管出血を起こし、黒色便がでてしまう症状がでてしまったり、

頭蓋内出血などをおこしたりするなど、出血性疾患を起こしやすくなります。

大豆油、卵黄、レバー、納豆、緑黄色野菜などを意識して食べてくださいね。

food_natto

ママ

新米ママの困った!困った!どうしよう?~授乳編③~

母乳の代わりに牛乳をあげてもいいの?

というお声をよく聞きます。

milk_bin

結論を申し上げますと、NGです。

NGの理由をあげていきますと…

・牛乳には母乳よりタンパク質やミネラルが多く含まれているので、消化が悪くなります

・牛乳に含まれている揮発性脂肪酸が胃粘膜を刺激し、腸の蠕動運動を誘発し下痢を起こしやすくなります

・牛乳は母乳よりも腸内ビフィズス菌の増殖が少ないです

・牛乳はカゼインというたんぱく質を非常に多く含んでいて、胃の中でそのタンパク質がハード・カードという大きな塊を作ってしまうので、消化が悪くなってしまいます

牛乳ではなく、調製粉乳を使うようにしてくださいね。

ママ

新米ママの困った!困った!どうしよう?~授乳編②~

illust813_thumb

母乳をあげるとき、

左右どっちがいいのか、どういうタイミングで左右チェンジしたらいいのか、

ちょっと悩んじゃいますよね。

結論から申しますと、左右どちらからでもOK

一方のおっぱいだけで1回分が十分足りる場合はそちらで授乳しちゃいましょう

そして、次は逆のおっぱいにしましょう。

左右交互が基本です!

そして、母乳でも人工栄養でも、授乳が終わったら、

赤ちゃんを縦に抱いて、赤ちゃんの胃の部分を自分の肩に当てて、

軽く赤ちゃんの背中をたたいて排気(げっぷ)させてあげてくださいね。

 

ママ