授乳について

今日は授乳についてみていきましょう。

乳腺は、妊娠中からエストロゲンやプロゲステロンとよばれるホルモンの影響で発達します。分娩直後には少量の初乳を分泌し、乳腺の肥大が著しくなります。分娩後10日すると、分泌量も徐々に増加し成熟乳となります。

母乳分泌のしくみは、胎盤が体外にだされることでエストロゲンとプロゲステロンの体内分泌量が減少し、代わって母乳分泌に必要なプロラクチン(催乳ホルモン・母性ホルモン)の分泌が増加します。これによって乳汁の合成が盛んになります。

同時に子宮の収縮に関わっているオキシトシン(射乳ホルモン)の分泌も増加し、これが母乳の分泌を促進します。プロラクチンは、乳児の泣き声や母乳を吸引する刺激(吸綴刺激)に反応して分泌される量が増加するとされています。

000021

女性

レンジでチンするだけ!絶品キャベツ料理

さて、日本人が大好きなキャベツですが、とっても美味しくてお子さんでもバクバク食べられるレシピがあるのでご紹介したいと思います。なんとレンジでチンするだけなんです!

用意するもの…キャベツ(1/8くらい)、豚小間肉(なるべくSPFのもの、200g)、顆粒の鶏がらスープ 大さじ1、レンジOKの耐熱容器(もしくはシリコンスチーマー)

①キャベツを食べやすい大きさに切ります。

②耐熱容器にキャベツと豚小間肉を交互に重ねていきます。ときどき、顆粒の鶏がらスープをふりかけていきます。

③キャベツと豚小間肉を入れた耐熱容器にふんわりとラップをかけ、レンジでチンします。シリコンスチーマーでもOKです。600Wで5分くらいかけてください。ときどき様子を見てくださいね。

④味が薄かったら、顆粒の鶏がらスープを少し加えてもよいでしょう。胡麻ドレッシングなどを付けて食べても美味です。

f-cfk1

手の洗い方 ~しっかりと洗って感染を防ぎましょう~

tearai

最近、とってもノロウィルスの感染が流行っています。

ノロウィルスは非常に感染力が強いことで知られています。

どこに付いているかわからないので、なかなか自衛が難しいですが、

しっかりと手を洗って、感染を防ぎたいですね。

そこで、今回は手の洗い方をご紹介したいと思います。

①水で手をぬらし石鹸をつける。

②指、腕を洗う。特に指の間、指先をよく洗う。(30秒くらい)

③石鹸をよく洗い流す。(20秒くらい)

④使い捨てペーパータオルなどで拭く。(家ではともかく、外では共用タオルを使わないでください。)

⑤消毒用アルコールを手指にすりこむ。

気を付けたいのが、指輪と腕時計。特に指輪は結構不潔だったりします。

感染症が怖い季節だけでも、指輪は外して生活するようにしてください。

 

毎日コツコツと骨をつくろう ~知っておきたい骨密度について~ その2

ot05

前回に引き続き、骨密度についてお話していきたいと思います。

上のグラフ(熊本大学よりお借りしました)を見ていただけるとおわかりになると思うのですが、

骨量が急激に増えるのは10代前半から20代までです。

そして、骨量が急激に減るのは閉経後です。

骨量の変化には、女性ホルモンが関係しているのです

女性ホルモンにもいくつかあるのですが、骨量と大きく関わっているのは

エストロゲンです。

初潮が始まり、エストロゲンの分泌が高まると、骨量は増えていき

閉経し、エストロゲンの分泌が抑えられると、骨量は減っていくのです

授乳中はエストロゲンの分泌が減少するので

やっぱりママになる前にしっかりと骨を作っておきたいですね。

女性

毎日コツコツと骨をつくろう ~知っておきたい骨密度について~ その1

骨密度っていう言葉を聞いたことありますでしょうか?

骨密度とは、骨の強度を示す指標の一つです。

今、この骨密度が低い女性が多くなってきています

20100905_1570484

骨密度の低さは骨粗鬆症などの病気を引き起こします。

骨を作るのは、10代です。

10代のみなさんは、カルシウムをしっかり摂って、

スポーツをして体を動かしてください

10代のお子さんを持つママさんは、お子さんにしっかりカルシウムを摂取させて、

スポーツをさせてあげてください

ジャンプすることが多いスポーツがおススメですヨ

女性